沿革

1892年5月日刊「中國」として広島市大手町(現・中区大手町2丁目)で創刊
1908年6月紙齢5千号を記念し、題字を「中國新聞」と改める
1926年3月広島市上流川町(現・中区胡町)に新社屋が完成
1931年2月中国駅伝(福山―広島間)を創設
1937年1月上流川町で新社屋の中国ビルが落成
1942年5月創刊50周年を記念し、中国文化賞制定
1945年8月広島に原爆投下。本社も被災。他の新聞社に代行印刷を依頼し、2日休刊しただけで9日付から発行
1945年11月広島市郊外の疎開工場から本社屋に復帰し、印刷開始
1952年4月中国体育文化賞(現・中国スポーツ賞)を制定
1969年9月広島市中区土橋町に中国新聞ビルが完成。本社を移転
1977年5月第1回「ひろしまフラワーフェスティバル」開催
1992年5月創刊100周年
1995年4月本社工場、井口工場の輪転機5セット、全面オフセット化が完成
1996年1月全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝)がスタート
2001年3月広島市中区の本社に加え、備後本社(福山市)、防長本社(周南市)の3本社制に
2001年5月印刷工場の福山制作センターが本格稼働
2003年7月中国新聞のファン組織「ちゅーピーくらぶ」が発足
2005年8月紙齢4万号達成
2005年11月廿日市市に新印刷工場の広島制作センター(ちゅーピーパーク) がオープン
2008年3月1段10字組となる拡大文字を導入
2011年4月朝刊電子版、本格配信
2011年6月広島制作センターに輪転機6セット化が完了
2013年12月ホームページと朝刊電子版を融合したウェブサービス「中国新聞アルファ」スタート
2014年8月広島土砂災害が広島市内で発生
2015年4月91年の歴史を持つ、夕刊を休刊
2015年5月もう一つの朝刊「中国新聞SELECT」を創刊
2016年3月防長本社を山口市に移転
2016年10月「中国新聞SELECT」が新聞協会賞(経営・業務部門)を受賞
2018年7月広島、岡山、愛媛を中心に「西日本豪雨」が発生
2019年5月新インターネットサービス「中国新聞デジタル」スタート。ユーザーがより手軽に利用できる「中国新聞ID」を導入
2020年2月新しい備後本社ビルが福山市東桜町に完成。鉄骨7階建て延べ約2千平方メートル
2020年11月「ヒロシマの空白被爆75年」「ヒロシマの空白被 爆75年街 並み再現」が新聞
協会賞を受賞
2022年5月創刊130周年
2022年10月「太田川 恵みと営み」が新聞協会賞を受賞